西暦2015年、謎のウイルスにより人類の98%が死滅。400年後、かろうじて生き延びた人類をワクチンの恐るべき副作用が滅亡の危機へと追い込んでいく…。シャーリーズ・セロンの究極の超大作:AEON FLUX
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イオン・フラックス撮影秘話

シャーリズ・セロン、重傷?新作は無期延期

ドイツで新作『イオン・フラックス』(原題)を撮影中のシャーリズ・セロンが、ワイヤーアクションの最中にケガを負った。気になるのはケガの度合いだが、スポークスマンは「セロンは入院を必要としていない」、「切り傷でも骨折でもない」と、あいまいな発表しかしていない。本人は映画を完成させたいと望んでいるようだが、ドクターストップがかかり、現在のところは無期延期となってしまったようだ。
スポンサーサイト


アカデミー賞女優であるシャーリズ・セロンが迫真の演技を見せる。監督は『クジラ島の少女』のニキ・カーロ。特別でない普通の女性がつまずきながらも、やがては回りの意識さえも変えていく過程は号泣必須。

ストーリー:離婚して故郷の北ミネソタに帰って来たジョージー(シャーリズ・セロン)は2人の子供を抱え給料の高い鉄鉱山で働くことを決心する。しかし、その職場には想像を絶するような男性社員からの嫌がらせが待ち受けていた。

日本公開: 2006年1月14日
(丸の内ルーブル ほか)


女性鉱山労働者になったシングルマザーが、男性社会の中で耐え難いセクシャル・ハラスメントを受け、立ち上がるまでを実話に基づいて描いた感動作。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。