西暦2015年、謎のウイルスにより人類の98%が死滅。400年後、かろうじて生き延びた人類をワクチンの恐るべき副作用が滅亡の危機へと追い込んでいく…。シャーリーズ・セロンの究極の超大作:AEON FLUX
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャーリーズ・セロン最新作の出来は?
シャーリーズ・セロン主演の新作映画「イーオン・フラックス」が、マスコミ試写を一切行わずに全米公開に踏み切った。製作費6000万ドル(約73億円)をかけたSF超大作にもかかわらず、配給元のパラマウントは予定していた試写をすべてキャンセル。先週金曜日にいきなり2600スクリーン規模で公開した。その理由についてパラマウントは、「コアなファンがついているのでマスコミに試写を見せる必要がない」と説明したが、この手法は質の悪い作品をリリースするときのスタジオの常套手段として知られている。なお、気になる興行成績だが、「イーオン・フラックス」は先週末にリリースされた唯一の大作であるにもかかわらず、3日間で1310万ドル(約16億円)に終わった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。