西暦2015年、謎のウイルスにより人類の98%が死滅。400年後、かろうじて生き延びた人類をワクチンの恐るべき副作用が滅亡の危機へと追い込んでいく…。シャーリーズ・セロンの究極の超大作:AEON FLUX
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



キング牧師生誕記念日の週末のボックスオフィス。首位に立ったのは、ディズニー・グループから外れた元ミラマックスのワインスタイン兄弟が設立した配給会社、ワインスタイン・カンパニーのアニメ作品「フッドウィンクト」。偶然にも、古巣ディズニー配給の「グローリー・ロード」を接戦の末退けての首位となった。ちなみにワインスタイン兄弟にとっては、新会社で初めての首位である。内容は童話「赤ずきん」をベースにしたコメディで、声の出演に「ブロークバック・マウンテン」のアン・ハサウェイ、グレン・クロースなど。僅差で2位となったのは「ステルス」のジョシュ・ルーカス主演によるスポ根ドラマ「グローリー・ロード」。66年にテキサス州の大学のバスケットボールチームが黒人のみのメンバーで全国大会に出場し、差別、偏見などを乗り越えて、見事優勝を成し遂げるまでの軌跡を描く。製作はJ・ブラッカイマー。3位はクイーン・ラティファ主演のコメディ「ラスト・ホリディ」。不治の病に冒されていることを宣告された黒人女性が、ヨーロッパに旅に出るというストーリーで、共演はLL・クール・J、ジェラール・ドパルデューら。そして、7位の「キング・コング」は公開5週目にして興収2億ドルを突破。8位には「スパイダーマン」のジェームズ・フランコとソフィア・マイルズ共演によるワーグナー作曲の古典オペラの映画化「トリスタンとイゾルデ」がランクイン。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。